• 2016.2.6.sat 12:00 > 2.7.sun 12:00

    全国から京都に想いのある 35歳以下の若者100人が集い,交流し 24時間という限られた時間の中で

    ”京都の未来をアップデートする”ための方策を徹底的に議論する1年に1回のイベントです

  • About

    - 京都わかもん会議とは -

    About

    35歳以下100名の若者から”京都の未来”をアップデートする24時間

     

    2015年2月、全国から"京都"に熱い想いのある30歳以下40名(関係者を含めると70名)の若者が、京都市内の宇多野ユースホステルに集結し「京都の未来を創る」ことをテーマに、若者同士でそのための方策を議論し、それぞれの考えを語り合う、24時間(1泊2日)の「京都わかもん会議2015」を開催しました。

     

    京都で仕掛けている、京都に住んでいる、大学で学んでいる、将来的に移住したい、住んでいないけど京都のために何かをしたい、生まれ育ちが京都、学生時代に修学旅行で京都に来た、、、など「何かしらで”京都”に想いのある」若者が集まり様々なトピックで議論を深めました。

     

    さらには、24時間の議論だけで終わらずに、会議で出会った若者同士が、京都内外で自分たちにできる様々なアクションをスタートさせ、まさに「未来を創る行動」をインキュベーションする場となりました。

     

    今年で第2回目の開催となる「京都わかもん会議2016」では、参加者同士が交流し、さらには議論を深化させ、様々なアプローチから「京都の未来をアップデート」するために、年齢制限を【30歳 → 35歳】に引き上げ、募集人数も【40名→100名】に拡大し、会場となる宇多野ユースホステルを【24時間貸切】にし開催します。

    Kyoto = Sea , forest , City ,,,

    「京都」というまちの捉え方

     

    「京都」と聞くと多くの方々が「寺社仏閣」を思い浮かべるのではないでしょうか。

     

    京都市は、盆地に囲まれ伝統と革新を常に繰り返し、かつては日本の中心でもあったまち。国内や海外から年間5000万人もの観光客が訪れる歴史観光都市。また人口140万人のうち1割にも相当する14万人が大学生でもある”大学のまち”でもあります。

     

    京都市内の市街地から30分ほど離れると、そこには「森・川・里」の美しき日本の原風景が広がっています。さらには1時間半ほど北上すると同じ京都府内には「海」があり、古くから大陸文化の玄関口にもなっています。一口に「京都」と言っても多種多彩な捉え方ができるのです。

     

    そのような「京都」においても、近年では、伝統・地場産業の衰退、過疎、高齢化、少子化、限界集落、廃村、消滅可能性、人口流出など…日本を取り巻く社会問題が山積しているのも事実です。まさに”日本社会の縮図が「京都」にもある”と言っても過言ではありません。

     

    京都わかもん会議では「京都=京都府全域」として捉え、「都市・里・山・海…」など「京都」の持つ多様なポテンシャルから「京都の未来」について語り合います。

    Outline

    開催概要

     

    〔名称〕

    京都わかもん会議

     

    〔概要〕

    35歳以下100名の若者から”京都の未来”をアップデートする24時間

     

    〔会期〕

    2016年2月6日(土) 昼 12:00 〜 2月7日(日) 昼 12:00(2日間)

     

    〔場所〕

    京都府京都市・宇多野ユースホステル

     

    〔募集人数〕

    100名

     

    〔参加費〕

    【24時間フル参加枠(1泊2日(夕・朝食)宿泊費込み】

    社会人 15,000円 / 大学生 10,000円 / 高校生 5,000円

     

    【夜21時から参加枠(1泊2日(朝食)宿泊費込み】

    社会人 12,000円 / 大学生 8,000円 / 高校生 4,000円

     

    〔主催〕

    京都わかもん会議実行委員会

    一般財団法人京都ユースホステル協会

     

    〔協力〕
    一般財団法人日本ユースホステル協会

  • Message

    − メッセージ -

    ”若者だからこそできること”、”京都でこそやらねばならないこと” を徹底的に考え抜き、”京都”を捉え直す。

    京都わかもん会議 発起人

    滋野 正道

    (株)基地計画 代表取締役 / (特非)きょうとNPOセンター 理事

    年間5千万人が訪れる観光都市、人口の約1割14万人の大学生が学ぶ大学のまち、伝統と歴史、そして革新が常に繰り返され発展を遂げてきた「京都」。しかし、京都市内だけではなく、京都府全域に視野を広げると、過疎高齢、限界集落、廃村、消滅可能性、人口流出、減少など「日本の地方」が抱える様々な課題があり、まさに「日本の縮図」が京都にもあると言えるのではないでしょうか。

    そのような状況を打破する為に、また、なにより”ひとり一人が描く未来”を実現する為に、時には「若者」の無鉄砲すぎるくらいの発想力や”ノリ”で、本気で語り合い、無茶をしてみる。「京都わかもん会議」の最大の目的は「ひとりひとりができる具体的な行動を起こすこと。やる!」そのための「ネットワーク」から「シナジー」を生む場とすること。優れたビジネスプランを考えたとしても、最終的には「やる人」がいなければ、世界は変わりません。社会問題と呼ばれるものに対して他人事として捉えるのではなく、たとえ小さな一歩であっても、まずは自らにできることから始めてみる。京都わかもん会議は「若者でこそできること、京都でこそやらねばならないこと」を徹底的に考え抜き「わかもんが社会を変える一歩を踏み出せる場」を創りたいと考えています。

    新しいアイデアが創造されるときのワクワク感、「くすぶり」から「火」が灯る場を創りたい。

    京都わかもん会議2016 実行委員長

    山田 真宙

    京都教育大学教育学部 1回生

     私は京都に越してから半年が経った大学生です。引っ越してきた当初、これから始まる新生活に期待を抱いていました。

     というのも、高校時代に地元・山梨で「語り合う場をつくること」を経験し、人と人がつながり、新しいアイデアが創造されるときの「ワクワク感」に出会いました。(そのワクワク感は翌朝、澄んだ気持ちにさせる・・・そんな感じ。)

     新天地である京都でも、そんな気持ちに出会えるだろうと期待していました。しかし、縁もゆかりもない京都では、どんな取り組みがあるかもわからず、ただただ戸惑い「くすぶって」いました。

     そんな私のようにくすぶっている人や、未来への一歩を踏み出せずに思い悩んでいる人、想いを持った同世代と語らい、そのベクトルを肌で感じ取りたい人、熱く深く物事を掘り下げる機会を欲している人、それらの人を、私はQusubulist(クスブリスト)と呼び、そんなクスブリストたちが集い、徹底的に語り合う。私が高校時代に地元・山梨で感じた「ワクワク感」、そして語り合いを通してひとりひとりの心が「燃えたぎっている状態」をつくっていきたいと考えています。

  • Thema

    - 今年のテーマ -

    Qusbulist

     

    -クスブリスト-
     

    「くすぶり」から「火が灯る」

  • Schedule

    - スケジュール -

    2016年2月6日(土) 12:00〜14:00

    基調講演・アイスブレイク

    14:00〜17:00

    分科会(エリア・世代・分野)

    17:00〜21:00

    フリー交流会(夕食・入浴)

    21:00〜

    ナイトセッション

    2月7日(日) 6:00〜9:00

    朝食・発表準備

    9:00〜12:00

    プレゼンテーション

  • Place

    - 開催場所 -

    世界で一番居心地の良いユースホステルを貸し切りました。

    京都わかもん会議2016は、一般財団法人京都ユースホステル協会 の全面協力により "世界で一番居心地の良いホステル"「Most Comfortable Hostel」を受賞した 宇多野ユースホステル を24時間貸し切って開催します。

     

     

    【宿泊費半額!前後泊にも使えます】

    京都わかもん会議キャンペーンを実施!

     

    京都わかもん会議関連でご宿泊の方は、【宿泊費半額】になるキャンペーンプランを用意していただきました!2月6-7日の前後泊にも適用できますので、この機会に「京都観光」をしてみては?

    期間:2016年1月15日~2月28日
    対象:30歳までの青少年
    割引額:宿泊費(19歳以上):3,390円→1,695円/(19歳未満):2,880円→1,440円

    〔お申込〕宇多野ユースホステル

  • Recruitment

    - 募集要項 -

    参加エントリーについて

    京都わかもん会議2016では、100名の参加者を募集します。
    参加を希望する方は、下記の「エントリーフォーム」より、必要事項を記入の上、ご応募ください。
    応募締切は1月24日(日)23時59分です。
    応募者多数の場合には、事務局で選考を行い、参加者を確定させていただきます。

    �《現在若干名の追加募集を受け付けております》

    参加を希望する方は、下記の「エントリーフォーム」より、必要事項を記入の上、ご応募ください。


    追加募集の応募締切は2月2日(火)23時59分です。
     

    なお、若干名の募集ですので、定員に達し次第募集を終了させて頂く場合がございますので、参加希望の方はお早めにお申し込みくださいませ。

    参加資格

    • 2016年2月6日(土)の時点で35歳以下である方
    • 24時間フル参加できる方 あるいは 21時以降のプログラムから参加できる方
    • 高校生は保護者の同意が得られる方(当日受付に同意書をお持ちください)

    参加チケットについて

    京都わかもん会議2016では、ご都合に合わせて2通りの参加パターンをご用意しました。

    1. 24時間フル参加枠
      社会人 15,000円
      大学生 10,000円
      高校生 5,000円

      1泊2日(夕・朝食)宿泊費込み
       
    2. 夜21時から参加枠
      社会人 12,000円
      大学生 8,000円
      高校生 4,000円

      1泊2日(朝食)宿泊費込み
  • SNS

    - 京都わかもん会議の最新情報は #わかもん / @wakamonlink で発信中! -